ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター> 設備機器の紹介> デジタルエンジニアリング機器> 非接触式三次元測定機
デジタルエンジニアリング機器 詳細
 工業技術センターに設置しております機器の一部をご紹介します。  一部の機器については一般に開放しています。依頼試験などについては別途お問い合わせください。  希望される試験機器以外の方法での評価が実施できる場合や、他の公設試験場が保有する機器のご紹介ができる場合もございますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
 機器名 非接触式三次元測定機
 分類 デジタルエンジニアリング機器
 概要

本装置は、測定対象物の形状を点群座標データとして取り込むことができる機器です。
製品の形状測定データと設計CADデータを比較照合することにより、製品の品質評価を行うことができます。
また、既存モデルから設計CADデータを作成することができるなど、いわゆるリバースエンジニアリングの用途としても利用できます。

※リバースエンジニアリング:通常のものづくりは設計→製造→評価(計測)という流れになるが、逆に測定データを設計に反映させる技術

 型式

Steinbichler(スタインベクラー社) COMET L3D 5M

 仕様

プロジェクタ部:青色LED
カメラ部:500万画素CCD
付属回転テーブル:直径460mm、耐荷重30kg(回転テーブルを使用しない測定も可能です)

 設置年度 H24
 設置使用料

設備使用料:260円/時間

 写真
写真
写真
非接触式三次元測定機
カラーマップによる測定データと設計データとの比較照合表示
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器

ページトップへ