ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター> 設備機器の紹介> 電子応用試験機器
電子応用試験機器 詳細
 工業技術センターに設置しております機器の一部をご紹介します。  一部の機器については一般に開放しています。依頼試験などについては別途お問い合わせください。  希望される試験機器以外の方法での評価が実施できる場合や、他の公設試験場が保有する機器のご紹介ができる場合もございますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
 機器名 標準電圧電流発生器
 分類 電子応用試験機器
 概要

横河電気(株) 2558,2553、2563

 型式
 仕様
 設置年度 S62
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考
 機器名 アナライジングレコーダー
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

横河電気(株) 3655E

 仕様
 設置年度 S62
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考
 機器名 デジタルオシロスコープ
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

松下通信工業(株) VP-5740A

 仕様
 設置年度 S62
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考
 機器名 電子回路試験装置
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

(株)ノイズ研究所 雑音総合評価試験機 EMC-5000S
YHP(株) インピーダンスアナライザ 4194A

 仕様
 設置年度 H1
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器
 機器名 振動試験機
 分類 電子応用試験機器
 概要

振動試験機は、試料を加振する装置であり、以下のような試験を実施するために使用されます。
・製品の使用環境下で発生する振動に耐えて、その性能を発揮できるかどうかの確認
・製品の輸送時に、製品およびパッケージが故障や破損しないかどうかの確認
・加速度センサーや振動計などの校正
・制振材料や防振材料の評価

 型式

エミック(株) VC-061DAMX(31)-050BM-E08

 仕様

<加振機部>
 加振方法 正弦波加振
 加振力 490N
 加振台の最大変位  10mm(複振幅)
 加振台の最大速度  120cm/s
 加振台への最大搭載質量 治具を含めて15kg
 加振周波数範囲   5Hz~5000Hz
<恒温恒湿槽部>
 温度範囲   -40~100℃
 相対湿度範囲  30~98%
 槽内寸法   600×700×600mm

 設置年度 H5
 設置使用料

設備使用料:300円/時間

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器
 機器名 振動計測システム
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

(株)小野測器 DS-9110

 仕様
 設置年度 H9
 設置使用料
 写真
 備考 ※中小企業庁補助対象機器
 機器名 高速ビデオカメラ
 分類 電子応用試験機器
 概要

時間の顕微鏡とも呼ばれ、動的現象を高速で記録しスローで再生することにより、時間方向の分解能を高めて高速現象の解析に用います。
・機械部品の駆動部の観察
・ボールの運動軌跡観察
・切削屑の排出挙動の観察
・疲労試験時の試験片の動作観察

 型式

(株)ナック コダックSR500C

 仕様

最高シャッター速度:1/5000秒
最高記録速度:500コマ/秒

 設置年度 H10
 設置使用料

設備使用料:240円/時間

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器
 機器名 騒音計
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

リオン(株) NL-32

 仕様
 設置年度 H14
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考
 機器名 マイコン開発システム
 分類 電子応用試験機器
 概要
 型式

(株)ルネサステクノロジー E10A-USB,E8

 仕様
 設置年度 H17
 設置使用料

一般に開放しておりません。

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器
 機器名 電力計(パワーアナライザ)
 分類 電子応用試験機器
 概要

電圧、電流、消費電力を測定する装置です。電気製品に対する測定を行い、製品に対する省エネ対策の評価を行うと共に、製品・システムの動作確認等を行うために使用します。
測定対象となる主な製品としては、一般の家電製品をはじめとして、電動機や太陽光発電パネル等があげられます。

 型式

本体:日置電機(株) 3390
電流センサ:日置電機(株) CT6863

 仕様

結線方式:単相2線、単相3線、三相3線、三相4線の電力測定が可能
周波数帯域:DC、0.5Hz~150kHz
最大測定電圧:1500V
最大測定電流:200A

 設置年度 H22
 設置使用料

設備使用料:100円/時間

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器
 機器名 大型振動試験機
 分類 電子応用試験機器
 概要

試料を加振する装置であり、以下のような試験を実施するために使用されます。
・製品の使用環境下で発生する振動に耐えて、その性能を発揮できるかどうかの確認
・製品の輸送時に、製品およびパッケージが故障や破損しないかどうかの確認

 型式

IMV株式会社 i240/SA3M、Syn-3HA-40

 仕様

<振動試験機>
 加振方向:垂直、水平
 加振方法 正弦波、ランダム波、ショック波、SOR波、ROR波
 振動数範囲:0~2600Hz(水平加振台使用時:最大2000Hz)
 最大搭載量:400kg
 最大変位 : 51mmp-p
 加振力: 正弦波 24kN、ランダム波 24kNrms、ショック波 48kN
 加振周波数範囲   5Hz~5000Hz
<恒温恒湿槽>
 槽内寸法  1,000×1,000×1,000mm
 温度範囲  -40~+150℃
 湿度範囲  20~95%

 設置年度 H29
 設置使用料

設備使用料:2610円/時間

 写真 写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器

ページトップへ