ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター> 設備機器の紹介> 分析機器> 示差熱熱重量同時測定装置
分析機器 詳細
 工業技術センターに設置しております機器の一部をご紹介します。  一部の機器については一般に開放しています。依頼試験などについては別途お問い合わせください。  希望される試験機器以外の方法での評価が実施できる場合や、他の公設試験場が保有する機器のご紹介ができる場合もございますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
 機器名 示差熱熱重量同時測定装置
 分類 分析機器
 概要

温度をプログラムに従って変化させながら、試料の重量変化と吸熱・発熱を測定することができる装置です。熱安定性や熱分解挙動を評価することができます。
・プラスチックやゴムの熱分解挙動の測定

 型式

セイコーインスツルメンツ(株) TG/DTA6300

 仕様

重量測定:水平差動天秤方式
温度範囲:室温~1500℃(常用1300℃)
TG測定範囲:±0.1mg~±200mg
DTA測定範囲: ±2.5μV~±2500μV

 設置年度 H9
 設置使用料

設備使用料:760円/時間

 写真 写真
 備考

ページトップへ