ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター> 設備機器の紹介> 分析機器> 赤外分光光度計
分析機器 詳細
 工業技術センターに設置しております機器の一部をご紹介します。  一部の機器については一般に開放しています。依頼試験などについては別途お問い合わせください。  希望される試験機器以外の方法での評価が実施できる場合や、他の公設試験場が保有する機器のご紹介ができる場合もございますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
 機器名 赤外分光光度計
 分類 分析機器
 概要

 試料に赤外光を照射し、透過又は反射した光を測定する装置です。測定で得られる赤外吸収スペクトルは、物質の化学構造によって固有の形状を示します。この特徴を利用して、有機材料の化学構造の推定や、対照品の赤外吸収スペクトルを測定して比較したりすることで製品中の異物や不良原因物質の同定、製品評価等に幅広く用いることができます。

 型式

日本分光(株) FT/IR-6600FV(本体部) IRT-5200(顕微鏡部)

 仕様

【本体部】

・検出器(測定波数範囲)

  DLATGS検出器(680 cm-1~30 cm-1

  DLATGS検出器(7800 cm-1~350 cm-1

  InGaAs検出器(12000 cm-1~4000 cm-1

・真空対応

・主な附属品

  近赤外用拡散反射測定装置

  1回反射ATR測定装置(ゲルマニウム、ダイヤモンド)

 

【顕微鏡部】

・検出器(測定波数範囲)

  MCT検出器(7800 cm-1~600 cm-1

・主な附属品

  ATR測定装置(ゲルマニウム、ダイヤモンド)

 設置年度 H30
 設置使用料

設備使用料:1,460円/時間

 写真
写真
写真
 備考 ※(公財)JKA補助対象機器

ページトップへ