ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター> 設備機器の紹介> 分析機器> 電子線マイクロアナライザー
分析機器 詳細
 工業技術センターに設置しております機器の一部をご紹介します。  一部の機器については一般に開放しています。依頼試験などについては別途お問い合わせください。  希望される試験機器以外の方法での評価が実施できる場合や、他の公設試験場が保有する機器のご紹介ができる場合もございますので、詳細についてはお気軽にお問い合わせください。
 機器名 電子線マイクロアナライザー
 分類 分析機器
 概要

非常に細く絞った電子線を試料に照射し、試料表面の観察を行うとともにその部分から発生する特性X線を検出することで微小領域(サブミクロン~)の元素組成を明らかにする装置です。 金属材料中の介在物、腐食・変色、食品等に混入した異物などが、どんな元素で構成されているか(定性分析)、どれ位の量を含んでいるか(定量分析)、どんな濃度分布であるか(面分析、線分析)知ることが出来ます。

 型式

株式会社島津製作所 EPMA-1720H

 仕様

分析可能元素:ホウ素(B)~ウラン(U)
X線分光器:WDX(5ch)+EDX
フィラメント:CeB6,W
表面観察倍率:40~40万倍
二次電子分解能:5nm(加速電圧30kV,CeB6カソード)
最大試料寸法:100mm×100mm×50mmt

 設置年度 H23
 設置使用料

一般に開放しておりません

 写真 写真
 備考 ※総務省補助対象機器

ページトップへ