本文へ移動

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

  1. 広島市工業技術センター
  2. 携行可能な細管内面損傷測定装置の開発(第3報,損傷寸法計測プログラムの開発)


携行可能な細管内面損傷測定装置の開発
(第3報,損傷寸法計測プログラムの開発)

田中秀樹、長谷川尚哉*
          

 細管内面に発生する損傷に対する非破壊計測法として、レーザ光切断法を用いた手法を提案した。これまで、提案手法を用いたシステムを構築するとともに、計測精度についての検証を行ってきた。構築したシステムについては、現場への運搬を考えた場合に寸法と重量に問題があり、さらに画像撮影・保存の処理時間に課題を残していた。そこで、計測機能を維持したまま装置を小さく、軽くする製作に取り掛かり、これを実現した。さらに、計測プログラムを改 良して計測結果に影響を及ぼしていた画像撮影・保存処理の高速化を図った。

キーワード:非破壊計測、光切断、管内面損傷、サークルライン・レーザ、画像処理



Development of Portable Damage Measurement Device for Inside of Thin Tube
(3rd report, Development of the Program which can be Measured the Size of Damage)


Hideki TANAKA , Naoya HASEGAWA

 We developed the measuring system using the light section method for the purpose of measure the inside damage of thin tubes. We developed the measuring system used it. Also, we inspected about the preciseness of the measurements. The system we constructed has two problems. The one problem is that the device is too large to carry. The other problem is that the system takes much of time in shooting and saving images. So we made the device smaller and lighter as keeping up measuring function. And we improved measuring program to quicker the process for shooting and saving images.

Keywords :Non-Destructive Measurement, Light Section Method, Damage on Inside of Tube, Circle Line Laser, Image Processing

*日本システムデザイン(株),広島市

詳細をpdf形式にて御覧いただけます。携行可能な細管内面損傷測定装置の開発.pdf(694 KB)


もどる

このホームページはNetscape2.0、Microsoft Internet Explorer 3.0以上のバージョン、 又はそれと同様のブラウザでご覧下さい。

ページトップへ