本文へ移動

ひろしまの企業支援情報

公益財団法人広島市産業振興センター

広島市中小企業支援センター

広島市工業技術センター > 広島市工業技術センターからのお知らせ > 平成26年度 デジタルエンジニアリング講習会「積層造形技術(3Dプリンタ)の活用事例」開催のお知らせ

広島市工業技術センターからのお知らせ

平成26年度 デジタルエンジニアリング講習会「積層造形技術(3Dプリンタ)の活用事例」開催のお知らせ

2015/02/27

樹脂または金属を少しずつ積層しながら、複雑なカタチの立体物を作り出すことができる「3D積層造形技術(Additive Manufacturing)」 は、新しいものづくり技術として注目を集め、産学官の連携により次世代型産業用3Dプリンタ技術、超精密三次元造形システム技術の開発も進められています。
 このたび、先駆的な取り組みとして2012年に金属光造形複合加工機を導入し、新たな発想による射出成形・ダイキャスト成形用の金型開発を行っている(株)メイクの倉知厚徳氏をお招きし、最新活用事例を紹介していただきます。
 また、3Dプリンタのメーカーから、樹脂系積層造形技術の概要と当センターに新規導入しましたインクジェット方式の3Dプリンタの紹介を行います。
 今後、積層造形技術の活用をお考えの方には有益な講習会です。多数の皆様のご参加をお待ちしています。

■日時

平成27年3月19日(木)13:30~17:00

■会場

広島市工業技術センター 本館3階研修室 および 試験棟1階特殊加工場

(広島市中区千田町三丁目8番24号)

■内容

1.「金属光造形複合加工技術による高付加価値製品の開発」 13:30~15:30

 (1) 講師 株式会社メイク 代表取締役 倉知 厚徳 氏

 (2) 内容

 同社は、2012年10月に松浦機械製作所製「LUMEX Avance-25」を導入し、金属粉末積層加工と積層間切削加工の複合加工技術を使った3次元水管機構及びポーラス機構を内蔵した射出成形・ダイキャスト成形用の金型を開発し、成形の効率化を図っています。また、異業種である大手企業とメタル3Dプリント加工技術を用いた新部品、新商品の共同開発も行っています。
このたびは、経産省NEDO採択事業での成果を踏まえ、金型製作と成形製造の両方の観点から、上記高度化金型を使用した量産成形における効果・問題点・改善策について紹介します。

2.「樹脂系積層造形技術の概要とAGILISTA-3100のご紹介」 15:30~16:30

 (1) 講師 株式会社キーエンス マーキング事業部 販売促進グループ 塩﨑 暁 氏

 (2) 内容

①樹脂系積層造形技術の概要

 3Dプリンタを使用するために必要な基本的知識や造形手順、造形方式別の特徴などを紹介します。

②AGILISTA-3100のご紹介

  当センターに新規導入した「AGILISTA-3100」について、主な仕様や特徴、導入企業での活用事例などを紹介します。

※「AGILISTA-3100」は、紫外線硬化樹脂を使ったインクジェット方式の3Dプリンタです。

3.AGILISTA-3100の見学 16:30~17:00
    

ご希望の方には、実機とサンプルの見学をしていただきます。
メーカー担当者への質問等も受け付けます。  

■定員

40名

■対象者

3Dプリンタの活用をお考えの企業の方

■参加費

無料

■持参物

なし

■申込方法

申込書にご記入の上、FAXまたはEメールによりお申し込み下さい。

(ページ最下部のダウンロードファイルをご利用下さい。)

■申込締切日

平成27年3月16日(月)(会場の都合により、締切日前に申し込みを締め切る場合もございます。お申込み確認後、参加の可否をお知らせします)

■申込みおよび連絡先

公益財団法人広島市産業振興センター技術振興部

  システム技術室  担当: 田中真美

〒730-0052 広島市中区千田町三丁目8-24

  (広島市工業技術センター内)

Tel: 082-242-4170 Fax: 082-245-7199

 

ページトップへ